top of page
検索
  • taihukai2004

丁々発止

更新日:2023年8月7日



泰鳳会野分之会 真夏の鍛錬 

8月の稽古



野分之会向けて

泰鳳会の真夏の鍛錬

が始まります


竹原 德本能舞台において


8月中

稽古回数 無制限

稽古時間 一人1時間以上

丁々発止の稽古です


鵜飼 の謡のシテは地獄に堕ちた老人です

彼の悔いる語りを謡う時に

ともすれば全力投球してしまうのですが

そうすると

何故だめなのでしょう?


小鍛冶 の謡

ヤマトタケルノミコトは

大和国纏向から 鹿児島の熊襲退治に向かいます

また更に 陸奥へと旅は続きます

この時代に新幹線はありません


ミコトの足跡を

日本地図で辿ってみます

古事記 日本書紀の話もしましょう


うっかり草薙の剣を忘れると

ミコトのように白鳥となって天に消えてしまうかもしれませんよ


千手と平重衡 の謡 


京の公達 29歳の重衡(大谷翔平と同年です!)と

東国一の美女 19歳の千手


何故出会ってしまったのでしょう

またその悲恋の行方は?


などと

様々に遊びながら

古典の世界は

(謡)の中で

無限に広がっていきます


また次なるは

(仕舞)です


舞の世界


檜の香の充満している

静寂に満ちた舞台空間の中で


ご自分の世界を体現するための学びを致します


蝉時雨の降る真夏の庭を潜り抜けて

石畳を歩いて稽古場に入るのも

また一興です


少し

興味ある方


稽古風景を覗きにいらしてください


初めての方は

ご連絡をお待ち致します




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page