top of page
検索
  • taihukai2004

野分之会 仕舞⑶


玉鬘を舞いました


若さ故の苦悩

恐れ知らずの迫力で表現しようとしているSさんです


でもね

玉鬘

母親の夕顔の面影を常に背負っているのです


これから

そのお話も致しましょう


細かい舞どころの研究が

いよいよ始まりますね


懸命に学ぼうとする姿勢を

私は応援し続けます

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page