top of page
検索
  • taihukai2004

無聲音

冥冥ヲ視、無聲ヲ聞ク

冥冥之中、獨リ暁ヲ見ル

無聲之中、獨リ和ヲ聞ク

   (荘子 天地篇)


時に無性に「山姥」の謡(うたい)を

謡いたくなります


無聲音の世界に埋没したくなる時かもしれないです


時に

謡の中に

かけがえのない自分の人生観を

視ることができるときは


誰が分からなくとも

幸せな時間を独りで

満たすことができる

泣きたくなるような

至福の時を独占できます


謡は

その重さを識る人たちに

七百年近くもの間

大切に受け継がれ


この私の手元にも

届けられた

宝物のような

無形の存在物なのかもしれません

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page