top of page
検索
  • taihukai2004

無聲音

冥冥ヲ視、無聲ヲ聞ク

冥冥之中、獨リ暁ヲ見ル

無聲之中、獨リ和ヲ聞ク

   (荘子 天地篇)


時に無性に「山姥」の謡(うたい)を

謡いたくなります


無聲音の世界に埋没したくなる時かもしれないです


時に

謡の中に

かけがえのない自分の人生観を

視ることができるときは


誰が分からなくとも

幸せな時間を独りで

満たすことができる

泣きたくなるような

至福の時を独占できます


謡は

その重さを識る人たちに

七百年近くもの間

大切に受け継がれ


この私の手元にも

届けられた

宝物のような

無形の存在物なのかもしれません

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

三越座学 [能 巴]と[平家物語 義仲の最期]

いよいよ 本日、第二回 義仲と巴についての座学が 終了致します。 締めくくりに 受講された皆様に課題を出しました。 レポート用紙一枚に 木曽義仲の生き様 もしくは 巴御前の内面について 自由に書いて発表して頂きたい。 今頃、座学受講の皆様は、久しぶりの自分との格闘の時間を過ごしていることと思います。 平家物語も、謡曲 巴も 再度読み直してみて 思うところは多かったでしょうか? では 皆様と同じく

般若

Commentaires


記事: Blog2_Post
bottom of page